小児慢性特定疾病の医療費助成に係る自己負担上限額

(単位:円)

階層区分 年収の目安
(夫婦2人子1人世帯)
自己負担上限額(患者負担割合:2割、外来+入院)
原則 既認定者【経過措置3年】
一般 重症
(※)
人工呼吸器等
装着者
一般 現行の
重症患者
人工呼吸器等
装着者
生活保護等 0 0
市町村民税
非課税
低所得Ⅰ(~約80万) 1,250 500 1,250 1,250 500
低所得Ⅱ(~約200万) 2,500 2,500
一般所得Ⅰ
(~市区町村民税7.1万円未満、~約430万)
5,000 2,500 2,500 2,500
一般所得Ⅱ
(~市区町村民税25.1万円未満、~約850万)
10,000 5,000 5,000
上位所得
(市区町村民税25.1万円~、約850万~)
15,000 10,000 10,000
入院時の食費 1/2自己負担 自己負担なし

※重症:①高額な医療費が長期的に継続する者(医療費総額が5万円/月(例えば医療保険の2割負担の場合、医療費の自己負担が1万円/月)を超える月が年間6回以上ある場合)、②現行の重症患者基準に適合するもの、のいずれかに該当。

小児慢性特定疾病 重症患者認定基準はこちら
「小児慢性特定疾病の医療費助成について」に戻る